お正月の鏡餅

|

お正月は鏡餅を飾ります。鏡餅が丸い形をしているのは、神社などでご神体として祭る銅鏡の形を象徴しているそうです。
鏡餅を飾るのは神様にささげるという意味が込められています。家によってはいくつも鏡餅を飾ったりしますよね。
神様は鏡餅を飾ったところに来てくれるそうなのでいくつ飾ってもいいそうです。
鏡餅の上に乗っているみかんは家族繁栄を表しています。
なんでみかんを乗せるのだろう?と疑問に思っていましたが、みかんは一本の木にたくさん実るというところから繁栄を表現しているようです。
季節的にもみかんがたくさん出ている時期ですしね。みかんが乗っていないと鏡餅はなんだか物足りない気持ちになります。